ネットワーク機器:レーダー



  • page
  • 1
  • 2
  • 3

従来のレーダー性能を超えた、まったく新しいDRS X-Classシリーズ

バードレーダーの異名を持つDRS6A X-Class(4.9 kW)に加え、DR12A X-Class(12 kW), DRS25A X-Class(25 kW)の高出力バージョンが新たにラインナップ。マリンレーダーDRSX-Classシリーズは、送信部の高効率化と受信部の高感度化を実現したことで、今までの性能を超える遠距離探知能力と、近距離分解能力の両面を高めており、圧倒的な探知能力を獲得しました。
この性能改善により、海鳥の探知能力をより遠距離まで伸ばしたことがバードレーダーの異名につながっています。他船の動向はもちろん、海鳥の動きや雨雲の動向までをも探知できる、プレジャー向けレーダーでは最高峰ともいえるレーダーシリーズの誕生です。

*1 DRS6A X-Class: TZtouchのバージョン4.21以降が必要。
*2 DRS12A X-Class/DRS25A X-Class: TZtouchのバージョン5.01以降が必要。


小さなディンギーヨットを見事に分離表示させているのがわかる。

バードモード NEW

  • 船舶の尾引きエコー(真エコートレイル)では規則的、直線的に表示しているのに対し、鳥群れでは不規則に飛び回る鳥の尾引きがエコーとして表示されるので、鳥群れの反応だと推測できます。

  • 画面左:遠距離にいる鳥群れをとらえた映像 (バードモードON)
    画面右:航行中は近距離表示で自船まわりを確認

    バードモードとナビゲーションモードそれぞれをデュアル画面で表示できます。安全航行を確保しながらの鳥探索に有効なツールとなります。

リアルタイム・デュアルレンジ

遠距離/近距離の同時探知を1台のレーダーで可能にしたリアルタイム・デュアルレンジ。
異なったレンジに設定したレーダー画面毎に感度や海面/雨雪反射除去を調節できます。

プロッタ画面へのレーダー映像重畳

チャートプロッタへのレーダーの重畳は従来通りの2D表示はもちろん、3D画面への表示が可能です。2D表示に比べ、より実際に近い状況での操作感が得られますので、感覚的に自船周囲の障害物が把握できます。
※方位センサーとの接続が必要

ターゲットトラッキング / ファストターゲットトラッキング

ターゲットトラッキング(TT)は、他船の動きを詳細に分析でき、レーダー信号で一定時間船の動きを捕捉することにより、他船がどちらの方向へ、どれくらいの速さで航行しているのかを計算します。TT機能ではCPAやTCPA計算も行います。CPAは他船と自船がもっとも接近した際の2船間の距離のことで、TCPAは最接近時までの時間を表します。CPA/TCPAにより自船との衝突の危険性を判断して、アラームを鳴らすことができます。
X-Classシリーズではさらに進化して、ターゲットを数秒で瞬時に捕捉できる、ファストターゲットトラッキング(FTT)機能を搭載するなど、さらなる安全性を高めています。

※DRS4DLを除く、全てのレーダーでご利用頂けます。

TT AIS

デジタルオート

感度、海面反射除去、雨雪反射除去には、従来のオートモードとは違う調整方法を採用したデジタルオート機能を搭載しています。悪天候時において発生する様々な不要波を自動で認識し消去するなど、視界の悪い状況での安全航行をサポートします。